「母乳育児サポートセミナーのご案内」

2019年9月11日 14:00

今年度も、母乳育児支援に携わる助産師の専門知識や母乳育児支援のスキルの向上と、最新の情報を得ることを目的に開催いたします。多くの助産師の皆様方のご参加をお待ちしております。

 

日時:20191110日(日)会場受付1230 講演13051620

会場:東京都千代田区神田美土代町7 住友不動産神田ビルベルサール神田2

【参加申込】件名:「サポートセミナー参加希望」
氏名
住所
電話番号
IBLCE継続教育単位(申請中)希望の有無をご記入のうえ、下記アドレスにお申し込みください。

セミナー担当:加藤  e-mailoketani.info.mk57@gmail.com

お申し込み後、1週間以内に返信のない場合は、お手数をおかけしますが、再度送信お願い致します。

【受講料】4,000(資料代含む) 当日会場受付にてお支払いください。

【申込期限】20191025

講演:

「母乳育児の基礎医学」
水野克己先生(昭和大学医学部小児科学講座 主任教授) 
母乳が作られていると母親が自信を持てるようになり、支援者には母乳分泌を高めるために何ができるか。これらを解剖学から考えます。
生理学・生化学も含め基礎的なことを学び、支援につなげていきます。また新しくなった「母乳育児成功のための10ヵ条(2018年改訂)」
「授乳・離乳の支援ガイド(2019年改訂)」や、脂肪と食事内容、鉄欠乏性貧血やビタミンD等も含めて、お話して頂きます。

「発達障害の子を持つ母親の支援~乳幼児の子どもに焦点をあてて~」
榎本拓哉先生(明星大学教育学部 非常勤講師)
 私たち助産師は日々の仕事の中で「うちの子ども、発達障害なんじゃないでしょうか?」
1歳半検診で発達について指摘を受けてしまいました」、「◯◯◯ ができないんですが、これって大丈夫なんでしょうか?」など、様々な育ちに関する相談を受けることがあります。そんな心配を抱える保護者の方へ、発達だけではなく子ども-保護者の関係性の視点を持って、サポーティブに関わる具体的な方法をお話しいただきます。発達障害のお子さんをもつ保護者の方に寄り添う支援についてもお話しいただきます。

各講師から母乳育児支援者・助産師にぜひ伝えておきたいこと、期待することも含めお話しいただきます。

     IBLCE継続教育単位証明書(申請中)を希望される方は、参加希望のご連絡のときに、お知らせください。

セミナー終了後に手数料500円と引き換えにお渡しします。